害獣被害をすぐに食い止めよう|ハクビシン駆除は業者に依頼

害獣駆除は専門の業者へ

健康被害の心配もあります

ハクビシン

ネズミやコウモリ、アライグマといった住宅地に出没する害獣の種類はかなり多く、生活を脅かす存在です。中でもハクビシンは体長60センチ以上もある猫の様な害獣で、屋根裏に侵入してきます。大量の糞尿を同じ場所にする習性があり、天井が腐り落ちてくる事もあります。糞尿から発生する害虫やダニ等による健康被害も発生します。素人ができる方法として、忌避剤等を使用した駆除方法もあります。しかしすぐに慣れてしまい、再び侵入されるケースが殆どです。ハクビシンの駆除は専門の業者へ依頼すれば短期間で解決してくれます。優良業者は駆除後にも生活面での注意点や改善点も親身にアドバイスしてくれます。費用はかかりますが、家族の健康を考えれば決して高額な金額ではないです。駆除業者へ依頼すればまず侵入経路を見つけだし、出入り口を塞ぎ、破損箇所も全て修繕します。場合によっては高所での作業になります。更にハクビシンの糞尿を全て取り除き、消毒してくれます。侵入しているハクビシンは大型の捕獲器でつかまえます。ハクビシンはむやみに傷つけてはならない生き物です。捕獲や駆除をするには役所への許可が必要ですが、面倒な手続きは全て駆除業者が代行してくれます。この様な優良な駆除業者を探すには口コミサイトを利用すると便利です。駆除業者を実際に利用した人の評価や感想を参考にして見積もりを依頼すれば、高額な追加料金の請求をする様な駆除業者を避ける事ができます。見積もりを取った後でも金額やサービス内容に納得がいかなければ更に比較検討することも必要です。

自分でもできる

ハチ

暖かい時期になると気になってくるのが、ハチの存在です。ハチを目にしただけでヒヤッとしますし、刺されれば死の危険にもさらされてしまう厄介な存在です。ハチを退治するには、住みかになっている巣を除去することが大切です。家や近所に大きな巣がある場合は、専門の業者に駆除を依頼することが望ましいです。しかし、巣がまだ小さい段階なら、自分でハチの巣の駆除ができてしまいます。自分で駆除する際は、衣服やゴーグルなどで身体を防御することは必須です。そして、巣から少し距離をとって、殺虫剤をふんだんにかけます。そして、棒や竿などを駆使して巣を落とします。その後、興奮しているハチが動かなくなった時点で、巣をゴミ袋に入れれば完了です。ハチを退治するには、巣の駆除をすることも大事ですが、習性を考慮することも大切です。巣を駆除するにも、行動が活発になる8月から10月にかけては、攻撃性も増すので、自分で駆除するよりも、業者に頼んだ方が安全なのです。また、アシナガバチに比べてスズメバチの攻撃性は非常に強いので、スズメバチの巣も業者に依頼して撤去してもらう方が安全です。それから、アシナガバチは一度巣を撤去されても、再度翌年に同じ場所に巣を作る可能性があるので、撤去後の予防が大事になります。ハチ退治は予防も必須で、巣を作らせなくする専用のスプレーが販売しているので、それらを利用することがおすすめです。習性を知っておくと、ハチ退治を安全に行えます。

罠で捕獲するには

イタチ

イタチが天井裏や床下に住みつくと、走り回ってうるさいだけでなく、糞尿を撒き散らし害虫の発生源になります。また生ゴミを食い散らかしたり、小鳥や小動物などのペットを食害することもあります。こうした被害は、近年では都市部でも増加傾向にあります。イタチは断熱材を剥がして巣を作るため、住宅の資産価値を下げる原因にもなります。イタチ駆除の罠を設置するには、指定された期間内であれば、狩猟免許は必要ありません。ただし狩猟期間でなければ有害鳥獣駆除の許可が必要です。またメスのイタチは狩猟期間内であっても、捕獲が禁止されているので注意してください。イタチ駆除といっても鳥獣保護法があるので、捕獲したら遠くの場所で逃してやります。イタチ駆除にはフラッシュなどの強い光を浴びせて追い払う方法もあります。簡単な自動発光装置はホームセンターなどでも市販されています。またイタチの嫌う臭いを発する忌避剤も効果を発揮します。ただしいずれの場合も、使用をやめるとイタチが戻ってくる可能性があります。イタチは自分の糞尿がある場所を縄張りと考えるため、追い出した後は綺麗に清掃することが大切です。これは害虫や病原菌による被害を防ぐことにもなります。再び家へ入ってこないよう、侵入口を塞ぐ必要もあります。イタチは3cmほどの隙間があれば侵入できるので、小さな穴も見逃さないようにしなければなりません。被害が大きく対処が難しいときは、イタチ駆除の専門業者に相談すると良いでしょう。